CHROMEの自分道〜ぐだぐだ日記〜

★自分の趣味やぐだぐだな毎日を掲載するブログです★
◆収集選手はNBAのKevin Garnettです『詳細等はリンク一番上の『XXI KG ExtremE CollectoR V』まで◆
◆トレードの申込み等は『kg_min21_bos5vyahoo.co.jp』のイ@に変更後メールお願いします◆
◆開封結果の『*』が付いているのはマイコレまたは提供済みです(時間が経過している場合は『*』がなくてもトレード済みの場合もあり)◆


『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』を鑑賞
久々に中爺と映画にε===г( ゚∀゚)」
『X-MEN』3部作の前の作品という位置づけで、ウルヴァリンがどう誕生したかを描いた作品♪

幼き頃からセイバートゥースとともに戦いの中で生き、考えの違いからミュータント部隊を抜け恋人と平和に暮らす…
しかしセイバートゥースが平和な暮らしを送っていたウルヴァリンに忍びよる…
その後、復讐するために過去所属していた部隊(研究所)に戻り、肉体改造を行う…
肉体改造が成功し、大佐に洗脳されそうなり脱出…
大佐とセイバートゥースを追い、最後は大佐が作り出した最強ミュータントと戦う…

内容は書きづらいけどこんな感じ〜(;^-^A)
観てて思ったのは最初は爪が骨やったので、『あれでは刺すしかできんのちゃう?』と思っとりました(笑)
ウルヴァリンといえば、爪で薙ぎ切るといったシーンの方が印象にあったからね(´∇`*)モヘ
けど、結構複線?的なものがあり、『もしそこそこヒットしたら次も作るのか?』って感じでしたな…

最初の『X-MEN』では既にセイバートゥースがマグニートの部下になっていたけどそこは時間的に無理みたいで描かれず…
しかしプロフェッサーXとサイクロップスの出会いは描かれとったねぇ〜
エンディング間際やったけど(笑)
でも結構気になったのはプロフェッサーXを若く見せるためか、皺がない顔で映ってた…
はっきり言ってめっちゃ違和感ありまくり(;´Д`)
まぁ〜自分にはプロフェッサーXのパトリック・スチュワートはピカード艦長としか思えへんけどね(笑)

そんな感じで『ちょいちょいこれだけでは『X-MEN』につながっていかない部分もありかな?』といった印象ですた(´−ω−)
でも細かな点を意識せんかったらそれなりにおもろかったですわ♪



個人評価:☆☆☆
CHROME: 映画 | - | - |