CHROMEの自分道〜ぐだぐだ日記〜

★自分の趣味やぐだぐだな毎日を掲載するブログです★
◆収集選手はNBAのKevin Garnettです『詳細等はリンク一番上の『XXI KG ExtremE CollectoR V』まで◆
◆トレードの申込み等は『kg_min21_bos5vyahoo.co.jp』のイ@に変更後メールお願いします◆
◆開封結果の『*』が付いているのはマイコレまたは提供済みです(時間が経過している場合は『*』がなくてもトレード済みの場合もあり)◆


もりあがってきた…
久々にマンガの話題…






っていっても何回かおもろいと紹介しているやつやけど…|壁|д゚)チラッ



『バチバチ』がかなりおもろいっす♪
本格的大相撲漫画で、現在は兄弟子がメインで話が進んでいっているけど、これが因縁あっておもろい♪
次号から兄弟子の阿形(あぎょう)と大鵠(たいこう)の取り組み…

漫画ながら敵的役割の大鵠のキャラはメッチャイラつく(笑)
どこまで真っ黒やねんって感じ…q(`Д´●)
内容は書き出すと止まらんくなりそうなんで、書きまへんが来週から怒りの阿形がどういった内容で取り組みするのか楽しみでっす♪
今週最後の1ページでの怒りの阿形の形相は久々に、はよ次回が読みたくなる感じでした(人´∀`)

作者の佐藤タカヒロ氏は前回の『いっぽん』は軽く越えそうなヒット作品ですな〜
『いっぽん』も読んでいたけど、途中から『?』ってなってきたし、大量に読んでいるので、タイトルだけでは内容まったく思いだせんかった作品やし(;^-^A)
とりあえず週刊少年チャンピオンの看板である『範馬刃牙』を追い越す勢いで、これからもおもろい内容で描いていってほしいとこやね(=゜ω゜)ノ

気になる方は秋田書店から7巻まででとるので、本屋で探してみてくらはい〜♪
CHROME: マンガ | - | - |

さいしゅうかい…
今週の少年サンデー32号で国民的野球漫画である『MAJOR』が最終回とあいなりました…

連載1回目から読んでいた自分としては感慨深いもんですな〜(人´∀`)
内容は読んでない人もいると思うんで控えやすが、なかなか良い最終回でした♪
次回作でも野球マンガ書くなら書けそうな布石を残した感じになっとった(-_☆)キラ
まぁ〜意図的やったかは不明やけどね…

前作の『健太やります!』でも主人公の成長記録を描いたわけやけど、今回の『MAJOR』はほぼ吾郎の野球人生を描いた感じ…
大概の場合そこまで描ききれずに人気がなくなり連載終了するもんやけど、『MAJOR』は多少陰りが見えた時はあったけど、無事描ききれ良かった♪

満田拓也氏の次回作にも期待したいとこやね( ≧ω≦)b
CHROME: マンガ | - | - |

ひさびさに…
マンガネタ?でも…

本日は自分の中で一番おもろいとおもっとる週刊少年チャンピオンの発売日♪
何気に仕事帰りに読んでると、たまたま次号のチラシに目が留まったら…




な、なんと!?Σ( ̄ロ ̄;)



あのゲッチューまごころ便の緋采俊樹が復活♪
40周年でゲッチューの後日談の読みきりを掲載してからほぼ10ヶ月…
復活はないかと思っていたんやけど、見事復活してくれて嬉しい限り♪
タイトルは『MOB私立宝蔵学園萌え部』…
なにやらゲッチューのりな予感(笑)
その方がええんやけどね〜(´∇`*)モヘ

ということでかなり来週のチャンピオンの発売が楽しみや…
CHROME: マンガ | - | - |

ひさびさに…
マンガの話題でも…

本日は木曜日なので、自分が買っているモーニング、少年チャンピオン、ヤングジャンプ、んで隔週でヤングアニマルが出る日♪
そんななかで少年チャンピオンに載っている『バチバチ』がかなりおもろい( ≧ω≦)b
内容は相撲の話で、現在親から息子同士に続く因縁の対決中…
詳しくは書きませぬが、読んでいてテンション上がります(゜ω゜)クワッ!!
作者は佐藤タカヒロ氏で現在2巻まで発売中〜♪

んで、もうひとつは今週号のチャンピオンの表紙になっている『弱虫ペダル』(^ε^)
こちらは自転車のロードの話…
主人公はアキバ系で名前が小野田坂道っていうもやしっ子でっす(笑)
しかし山岳区間では力を発揮するタイプで、現在インターハイのメンバーに選ばれ奮闘中♪
作者は渡辺航氏で現在8巻まで発売中〜♪

で最後は隔週ヤングアニマルで『ベルセルク』の次に好きかもしれん、ももせたまみ氏が書いている『ももいろスウィ〜ティ〜』(´∇`*)モヘ
四コマ風のマンガやけど、ほんわか話題が多くて結構好きですな…
んでいつも欄外に書いてある作者の近況がこれまたくすくす笑いを誘ってくれます( o≧艸≦)
加藤先生のお相手が見つかればええなぁ〜と今は思っとります(笑)
こちらは現在4巻まで発売中〜♪

まぁ〜こんな感じで気に入っているマンガを紹介してみますた(・∀・)ノ
気になる方は本屋で探してみてな〜
チャンピオン系は秋田書店で、ヤングアニマルは白泉社やで〜♪
CHROME: マンガ | - | - |

まごころ…
便が本日の週刊少年チャンピオンで復活( ≧ω≦)b
待っていたで〜♪

といりあえず読んだけど、内容は週刊少年チャンピオンの40周年をお祝いするって感じの内容(´∇`*)モヘ
軽く笑い最終的にはほんわかなりますた〜
しょっぱなから犬くまも自虐ギャグを披露してますた(笑)

それにしても連載終了してから既に8年も経っていたとは…
作者も久々に筆をとったということで、違う仕事していたっぽい…
しかも今回はオールデジタルやけど違和感なし♪
個人的にはまたげっちゅ〜でなくて良いので連載して欲しいところ(´;∀;`)ブワッ
できればげっちゅ〜の続き書いて欲しいけど(笑)

はぁ〜読みきりで復活だけでは惜しい作品や(T^T)
CHROME: マンガ | - | - |

げっちゅー…
まごころ便が帰ってくる☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

今年は週刊少年チャンピオンが40周年記念で、昔連載していた漫画家が読みきりで掲載中♪
今日発売の掲載は結構好きだった特攻天女ですた( ≧ω≦)b
ダークな部分はほぼなくおもろい部分を読みきりで一気にだした感じでえがった〜

おっと…
特攻天女の話題はこれまでで、来週はげっちゅー復活ですよヾ(´ω`=´ω`)ノ
かんなり期待しとります♪
なんせ犬くまや紅男がはしゃぐかと思うと…(^m^)ププ
いまから楽しみでしゃあないわぃ((*´∀`))ウキャキャ

個人的にはまた連載してもらいたい作者ではあるので、まごころ復活に読み切りとはいえテンション上がりまくりなCHROMEですた(=゜ω゜)ノ
犬くま&ジョルジュ元気しとるかな〜(´∇`*)モヘ
CHROME: マンガ | - | - |

さいかい…
ヤングサンデーで人気マンガであった…
『RAINBOW 二舎六房の七人』が満を持して、スピリッツにて連載再開(*UωUp嬉q)

いや〜ヤンサンでも人気作品であったRAINBOW復活♪
戦後の復興途中の日本の話でダーティーな話もあるんやけど、熱き主人公たちのストーリーにはグッときまっせ(`・ω・´)

少年刑務所にそれぞれの理由で入れられた六人が、既に入所していたアンチャンに出会い色々教わり助けてもらう…
そのアンチャンが何故少年刑務所に入れられたかということが、昨日発売のスピリッツから描かれる(o^∀^o)
まっすぐで熱き男アンチャンのストーリーは楽しみや〜♪

ほんでなんやらアニメにもなるらしいんやけど…
個人的にはアニメにしたらちょっと細かいところが表現できなくなって面白くなくなるんやないかと心配中(-_-;
はじめの一歩とかもビミョーにアニメになることによって、細かな部分が省かれて品質さがっとる気がするしね…

そんなこんなで『RAINBOW 二舎六房の七人』は結構おもろいので、気になる方は読んでみては?

PSアンチャンがあんなことになった時はかなり泣きますた|壁|д゚)チラッ
CHROME: マンガ | - | - |

はっぴょう…
されましたな〜







なにがって?



初芝五洋ホールディングスの新社名やんか(笑)
本日のモーニング誌上にて発表(o^∀^o)

その名も『TECOT』♪
テコットというらしいす…
TEC⇒TechnologyとECO⇒Ecologyを掛け合わせた造語で、なんと8000通の応募から選ばれたとのこと!?Σ( ̄ロ ̄;)
小学校の授業で考えたとこもあるようで…
恐るべき世代の広さに読まれとる|壁|д゚)チラッ
でもやはり一番多い世代は30代後半らしいけどね〜♪
新社名はリアルタイム来年のお正月から新社名へ変更とのこと(^ε^)
楽しみやね(´_ゝ`)

いや〜社会人になる前は島耕作シリーズは何がおもろいんか、さっーーーぱりわからんかったけど、社会人になってからおもろいのなんのって( ´艸`)
何がおもろいのか?と聞かれても答えるのは困るけどね(笑)
社会人として、色々考えさせられるマンガであることは確かやね…

社長島耕作は長いこと続いて欲しいマンガやなぁ〜
あんな社長がリアルにおったら尊敬できる♪
というか今時肩書きない会社おおいから、目に見えて出世しているとこに感動するのかもね( ○>∀<)人(>∀<* )







ちなみに社長シリーズが終わったら会長になるんやろか?
CHROME: マンガ | - | - |

里中&サチ子…
本日発売の週刊少年チャンピオンにて…
ドカベン山田の妹サチ子と、親友の里中智が結婚しますたo(≧▽≦o)(o≧▽≦)oヤンヤ、ヤンヤ
いや〜めでたいなぁ〜♪
今シーズン初めに婚約してたんやけど、改めて披露宴とか描かれるとマンガながらテンション↑↑↑
リアルタイムで年をとるようになって思い返してみると、現在里中32歳でサチ子が22〜24歳ぐらいやったはず…
と考えると里中えらい若い嫁もろたなぁ〜(笑)
羨ましい…|壁|д゚)チラッ

んで、そんなめでたい号なのに何故かチャンピオンの表紙はアイドル…(>д<;
秋田書店は一体何を考えているのやら…
昔から売り上げに貢献してくれているであろう作品のめでたい号に、アイドルが表紙ってほんまに…(゚皿゚メ)
表紙にちょろっと紹介やったので『ババーン!!っと表紙前面に押出せや』ってめっちゃツッコミいれたわ…
まぁ〜巻中で表紙はカラーやったけどね(´−ω−)

さてさてめでたく結婚したので、次に楽しみなのは子供が生まれること♪
でまたまた楽しみになるのは、その子が18歳でプロ入りしてくれること…( ̄ー ̄)ニヤリ
で現役の山田と対戦♪
妄想は膨らむなぁ〜(笑)
でもその時山田は50歳なんやけど、あぶさんも60歳ぐらいで現役やから大丈夫やろう(笑)











でも一番心配なのは18年後も水島新司がマンガ書いてくれているかどうかが不安やなぁ〜(´∇`*)モヘ
既に70代やし、でもでも元気にマンガ書いてくれるので楽しみは膨らむぜ(`・ω・´)シャキーン!!
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介8
マンガ紹介8



ゲッチューまごころ便 全17巻(秋田書店)
週刊少年チャンピオン掲載
作者:緋采 俊樹

◇内容◇
主人公の後藤紅男が家業である宅配会社を手伝いながらの高校生活を描くハチャメチャマンガ!!
高校2年生から話が始まり、紅男が高校を卒業するまでを描いた作品。
ギャグあり感動ありそして時にはシリアスなストーリーもある。

主要キャラとしては幼馴染の葛西信幸と紅男がぞっこんの山川コトミ、そしてライバル会社の佐古田優二…
あとは姉の後藤火呼、父の後藤炎そして学校の担任の中村アヤ子などなどもりだくさん♪
最後に忘れてならないのが、ひょっこり現れたまごころ便のマスコットそっくりな犬くま(犬)と佐古田の飼っているジョルジュ(亀)など人間以外の味のあるキャラも登場する。
ここで紹介していないキャラそれぞれにも個性があり、個別ストーリーも展開し1話完結形式で話が進む。

◇自分の感想◇
初の完結マンガの紹介になるんやけど、かなりおもろいでっせ〜♪
連載当時からキレのあるギャグで今読み返してみてもかなり面白い!!
しかし残念なことに、この作者はこの作品以降は連載をしていない…
ググってみたがどうも体調が悪いのかもしれないとのこと…
ほんとはどうなのかわからんけどね(-_-;
ちなみに好きなマンガ家の一人でもある米原秀幸のお弟子さんでもある。

さてはっきり言って今まで数々のギャグマンガも読んでるけど、ひと味もふた味も違う作品であることは確か( ≧ω≦)b
犬くまがほんまいい味出してて、犬のくせに『ぱぅ』ってしか吠えへんし(笑)
そのわりに心の声で紅男にツッコミまくりやしね〜

まぁ…内容をあれこれ書くよりは読んだ方がわかりやすい(^^ゞ
結構、単行本買っても連載終了後しばらくしたら売ってしまうのに、終了後7年もたったけどまだ家に置いてるのが面白い証拠♪
気になった人はマンガ喫茶で読んでみてや〜
はまること間違いなし( o≧艸≦)ウププ
CHROME: マンガ | - | - |

発見…
昨日チャリで爆走し捜索しまくったYSスペシャル2号はあっさりと仕事場近くの本屋で見つかりやした…
地元を捜索したのはなんだったんやろう?って言うぐらいあっさり見つかり拍子抜けしとります(つд`)

どうも次の3号も出る模様…
いつまでこの形で続けるのやろうか?
月刊でそのまま出版するんやったら、ヤンサンで週刊のままで良かったんちゃうかな?と思うんやけどね〜(-_-;
作者陣たちは別に大量にページ数減っているわけでもないし、週刊4週分ぐらい書いているからね…
もしかしたら、何気に発行部数伸びてたりしてね(;´Д`)

次のYSスペシャル3号は11月25日発売なり〜♪
まぁ…なんだかんだ言って買うのは変わらんわぃ(-`ε´-;)
CHROME: マンガ | - | - |

ついに…
でた…



YSスペシャル(スピリッツ増刊)

すっかり発売のことを忘れてたわけやけど…|壁|д゚)チラッ
なんせ少年サンデータイプになっていたので、危うくなんの雑誌かわからんかったわ(笑)

どうやら月間で来月も出版されるらしい…
どこまで続くかはわからんけど、徐々にフェードアウトしていくのだけは止めて欲しいね(-_-;

次はどうな感じになっているか楽しみにしつつ次の発売を待ちたいと思いますわ〜(○′3`)
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介7
2度目の紹介やけど好きな作品なんであえて推す( ≧ω≦)b



STEEL BALL RUN 16巻(集英社)
(スティール・ボール・ラン)
ウルトラジャンプ掲載
作者:荒木 飛呂彦

◇16巻の内容◇
主人公ジャイロ・ツェペリとジョニィ・ジョースターは突然現れた大統領ファニー・バレンタインに全ての遺体部分を奪われてしまう…
そして遺体の存在を知っている2人は大統領からの刺客に命を狙われることに…
そんな中7th.STAGEは終了し、再び総合順位でディエゴ・ブランドーが2位に浮上!!
まだ大統領の手元にない、ディオが所有する左眼球部位を奪うことを2人は決意する…

一方、大統領夫人に化けているルーシー・スティール…
いままで隠し続けていた正体が、ついに大統領にばれて窮地に立つ…
大統領から逃げようとした時に遺体の光にふれる…
そこでルーシーの体に驚くべきことが起こる…

◇自分の感想◇
う〜ん…
相変わらず先の展開がまったく読めませぬ(´−ω−)
というより当初大統領の体が5頭身ぐらいだったのが、現在普通に8頭身になっているのが気になってしかたありませぬ(笑)
顔もめっちゃ丸かったのにいつの間にやら普通の顔立ちに…(((゜д゜;)))
あえてツッコミ入れたらあかんとこなんやろうけど、黙ってられませぬ( o≧艸≦)

さて物語りも徐々に佳境に入ってきた感じがするねんけど、大統領との直接対決はあるのか?はたまた遺体はやはりアレなのか?などどうなっていくか興味津々!!
先の読めない展開に次の巻も期待やで〜ヾ(´ω`=´ω`)ノ
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介6
先日購入したお勧めマンガの単行本紹介〜♪



こちら葛飾区亀有公園前派出所 161巻(集英社)
週刊少年ジャンプ掲載
作者:秋本 治

◇内容◇
主人公は警察官である両津勘吉がほぼ毎回1話完結形式で、色々マニアックな内容からほんわか感動話などを披露するマンガ。
レギュラーキャラとして、大原大次郎部長、中川圭一、秋本麗子(秋本・カトリーヌ・麗子)などがいる。
週刊連載マンガとして連載開始から1度も休載した事がないギネス認定作品でもある。

◇自分の感想◇
こち亀…
これの作品は説明する必要はなしやね〜(笑)
連載30周年を超え、掲載数も1500回を過ぎても当たり前のようにジャンプに掲載中(0Дοノ)ノ
30年以上も週刊誌で連載してネタつきへんのがすごいな…
自分が物心ついた頃には既に40巻ぐらい出てたし(笑)
過去の単行本を読み返すと、その時代にどんな物が流行っていたとかわかる内容とかあるのがほんますげ〜(人´∀`)

最初は単行本は集めようとはまったく思っていなかってんけど、100巻が出る間際頃に何を血迷ったか集めることを決意!!(←アホですな…)
結構なスピードで集めたんやけど、単行本購入する意欲が減ったので現在も集めれてへん…
でも80巻以降は全部あるんで、半分以上はもっとるな(゚∀。アヒャヒャ

話の内容はほんま多岐にわたっているので、うまいこと説明できひんねん…
けど、とりあえず単行本1巻からでも楽しめる作品なんで読んでみてや〜(´∇`*)モヘ
CHROME: マンガ | - | - |

ヤンサン休刊…その後の動向…
飲み会あったけど、頑張って更新(謎)



ついに本日ヤンサン最終号がでました…
連載陣どうなるんやろ?って思っていたけど、人気どころは予想どうりビックコミックスピリッツへ移籍♪
他の中堅どころから微妙な所は、ビックコミックスピリッツ増刊号『YSスペシャル』に掲載される模様(-_-;

なんすかこのビミョーな増刊号は…
ここで人気なかったらバッサリ連載終了とかになりそうやな…
う〜ん…
ヤンサン休刊の意図はスピリッツを強化する意味もありそうやね(>д<;
2つの雑誌では生き残り厳しいから、売り上げ少ないヤンサンを休刊にして、人気どころはスピリッツへという意図がめっちゃにじみでとる|壁|д゚)チラッ
なっとくいかんな〜(-`ε´-;)

さて以下から連載陣の詳細(作者名のみ掲載)



『Dr.コトー診療所』山田貴敏

ビックコミックオリジナル



『クロサギ』黒丸
『LOST MAN』草場道輝
『土モグラ竜の唄』高橋のぼる
『おやすみプンプン』浅野いにお
『逃亡弁護士成田誠』眦塚
『鉄腕バーディー』ゆうきまさみ
『とめはねっ!−鈴里高校書道部−』河合克敏
『イキガミ』間瀬元朗
『RAINBOW二舎六房の七人』柿崎正澄

ビックコミックスピリッツ



『さくらんぼシンドロームクピドの悪戯』北崎拓
『都立水商』猪熊しのぶ
『アオイホノオ』島本和彦
『ビーチスターズ』森尾正博
『GO-ON!(ゴー・オン)』秋重学
『タナトス〜むしけらの拳〜』落合祐介
『あんころ。〜船橋若松1丁目は馬優先〜』万乗大智
『Odds−オッズ−』石渡治
『暁のイージス闇のイージス完結編』藤原芳秀
『美晴ライジング』大谷じろう
『超無気力戦隊ジャパファイブ』佐藤まさき
『花の都』近藤隆史
『ドライブ・ア・ライブ』中井邦彦

ビックコミックスピリッツ増刊号『YSスペシャル』9/25発売



『魔Qケン』喜国雅彦

月刊IKKI



『絶望に効く薬』山田玲司
『新青春くん』とがしやすたか

連載終了



『まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜』木根ヲサム

携帯サイトのコミック小学館ブックス



って感じ、『Dr.コトー診療所』のみオリジナルに行ったのが個人的に残念なところやね↓↓↓

まぁ…とりあえず増刊号は買うということで本日の更新終了♪
頑張った〜( ≧ω≦)b
CHROME: マンガ | - | - |

ヤンサン来週号でついに…
さてさてついに来週号の35号でヤンサン休刊でございます…

う〜ん…未だに休刊の実感はわかんね…
連載陣も全然終わるような感じせんしね(-_-;
でも確実に来週号で終了…
たぶん復活することはないと思ってやす(>д<;
雑誌の販売部数自体が右肩下がりなうえに、今時はゲームとか他にも娯楽あるしね〜
寂しい限り…(´・ω・`)ショボ〜ン

ヤンサンの看板だったマンガはどこの雑誌に移るのか?今はそれだけが興味津々(@_@)
まぁ…ヤンサンの人気どころは大御所系が多いので、他紙に移ることが可能やと思おうけど、微妙なところはどうなるやら…
昔、マイナー雑誌で看板マンガだったやつがあるねんけど、結局どこにも移籍できず風化していったものも知っているだけにどうなんやろか?

個人的にはビックコミック系に移籍するんやとおもうんやけどね〜
できれば購入しているビックコミックスピリッツにほとんど移籍してほしいね…
他は買ってへんから…|壁|д゚)チラッ

まぁ…来週号も購入して、最後を看取りたいと思います(-人-)チーン
CHROME: マンガ | - | - |

ヤンサン休刊告知…
話題にする機会が遅くなったけど、先週のヤンサンで完璧な休刊告知がでてた…

ヤフーにも書いてあったけど、どうやら小学館側は休刊を正式決定してから作家にお知らせした模様やね(-_-;
結構な人気作者を抱えているのに休刊になったのは小学館の力不足か…
木曜日最初に買うのがヤングサンデーなだけに残念↓↓↓

幼き頃に週刊少年ジャンプの次に買い出したのが、週刊少年サンデーで結構小学館を応援していただけに、改めて広告見て結構凹みますたね(>д<;

連載作家の人たちには休刊という形で作品を終わらせてしまうのだけは何とか避けて欲しいところ(>д<;
小学館ではなくても集英社や講談社や秋田書店とかあるしね〜♪
移籍が容易ではないのはわかるが、『新ブラックジャックによろしく』の佐藤秀峰の例もあるので…(佐藤秀峰の場合は講談社⇒小学館やけど)

なんとか連載している作品の多くが他紙に移って、連載を継続してもらうことを切に願うね♪
まぁ…なんにせよ皆さん立ち読みせずに雑誌をかいましょ〜(人´∀`)
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介5
先日購入したお勧めマンガの単行本紹介(人´∀`)



はじめの一歩 84巻(講談社)
週刊少年マガジン掲載
作者:森川ジョージ

◇内容◇
主人公の幕之内一歩がボクシングに出会い『強いとは何か?』を求め成長していくボクシングマンガ。
主要メンバーとして、鴨川源二会長、鷹村守、宮田一郎、木村達也、青木勝、板垣学、千堂武士、伊達英二など。
高校2年生までいじめられていた一歩は鷹村守と偶然出会い連れて行かれた鴨川ボクシングジムでボクシングの魅力に取り付かれる…
そこで永遠のライバルである宮田一郎とスパーリングをし、ますますボクシングの虜に…
ライバルである宮田は一歩とのプロのリングでの決着をつけるためジムを移籍する。

一歩はプロのリングで数々のライバルとの死闘を繰返しついに日本チャンピオンである伊達英二に挑戦!!
しかし、試合に臨む決意の差から惜敗…
一歩に勝利した伊達はチャンピオンベルトを返上し再び世界へ打って出る…

空位となった王座についたのは浪速の虎こと千堂武士。
新人王戦で敗れている千堂はリベンジを誓い日本チャンピオンとして一歩の前に立ちはだかる。
フィニッシュブローであるデンプシーロールにて一歩は再び千堂を退け、日本チャンピオンの栄冠に輝く。
その一方で宮田は東洋太平洋チャンピオンに、鷹村も鴨川ジム初の世界チャンピオンの座につく。
しかし再び世界に挑戦した伊達は脅威のチャンピオンであるリカルド・マルチネスに敗れ引退することに…

その後も『強いとは何か?』を求めリングにあがり続ける一歩…
そんな中、鷹村は鴨川ジムの期待を一心に背負い二階級制覇へ挑み見事成し遂げる。
後輩である板垣は天性の才能を持ちながら、デビュー戦は敗北するが見事東日本新人王の座から全日本新人王の座につく。
国内のベルトを板垣に引き継いでもらうことを約束し、一歩はベルトを返上し標準を東洋に…
それは東洋太平洋チャンピオンである宮田との対戦を意味するが…

一歩は宮田との対戦に闘志を燃やすが、宮田側からの一方的なキャンセルにより対戦は実現せず…
目標を失いかけるが、鴨川会長の言葉により東洋太平洋の無冠の帝王を目指しその先の世界へ標準を変える。
そして一歩はタイ王者とフィリピン王者を退ける。
一歩との対戦よりも宮田は幼き頃の父親との誓いを果たす為に因縁の相手と対戦することに…

◇自分の感想◇
言わずと知れたボクシングマンガの最高峰!!
選手ごとの細かな心模様やボクシングにかける情熱などをふんだんに盛り込んだ作品♪
個人的にはアニメ化もされているが、断然マンガ版を押すで…
なんでかっていうと、アニメ版も見たけどやはり細かなとこまで再現するのがアニメ版では不可能!!
それにしても一歩だけでなく、他の選手のサイドストーリーも大いに楽しめる(人´∀`)
ボクシングだけでなく、ギャグあり恋愛ありで結構あなどれずおもろい…(≧w≦)
一歩が日本チャンピオンになったときはめっちゃ感動したし、鷹村が世界王者になった時もマンガながらめっちゃ感動♪
宮田と一歩の対戦はほんと楽しみであり、一歩が世界王者のベルトを腰に巻く日を楽しみに待ちたいで( ≧ω≦)b
84巻も出てるんやけど、まだまだ話は続きそうやからこれからもボクシングの面白さをふんだんに書いていってほしいね♪
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介4
先日購入したお勧めマンガの単行本紹介(人´∀`)



バガボンド 28巻(講談社)
週刊モーニング掲載
作者:井上雄彦

◇内容◇
主人公の新免武蔵(しんめんたけぞう)こと宮本武蔵の幼き頃からの成長を描く作品。
武蔵は関ヶ原の合戦で名を上げようと同じ村の幼馴染である又八と戦に出るが、名を上げる所か何もできず、何とか生き延びる…
そこから武蔵の戦いが始まる…
吉岡清十郎、伝七郎との戦い、宝蔵院胤舜との戦い、柳生での戦い、宍戸梅軒とも戦う武蔵…
戦いの連鎖はまだまだ続くのか?

その後ライバルである佐々木小次郎の幼き日の話へ…
小次郎の耳は聞こえないが、それゆえに天才的な剣の才能を発揮していく。
ともに成長した武蔵と小次郎は一瞬の邂逅…
そこでは不思議な縁にお互いは何かを感じる。

そして舞台は再び吉岡清十郎、伝七郎から吉岡道場との因縁の戦いへ…
党首2人とも武蔵に敗れ、吉岡道場の門下生たちはなりふり構わず武蔵の抹殺を目論む。
70人の吉岡道場門下生対武蔵の70対1の戦いが繰り広げられる…
武蔵は傷を負いながらもひとり、またひとりと倒していく…
からくも勝利したが深手を負った武蔵…
果たして武蔵の命は助かるのか…

◇自分の感想◇
『SLAM DUNK』とはまったく違った井上ワールド(人´∀`)
井上雄彦流にアレンジされた宮本武蔵の世界を繰り広げている作品でもある…
武蔵のライバルである佐々木小次郎は耳が聞こえないという設定。
とりあえず、バサバサ斬りまくっとります(笑)
人を同じ刀で多く斬ると切れにくくなると聞いたことがあったが、その辺りもちゃんと書いとる♪
結構連載を休みながら書いてはるが(今はマンガ展やっているからやけど)、おもろいのでゆるりと自分のペースで書いて欲しいと自分的には思う…|壁|д゚)チラッ
贅沢を言えば休まないで欲しいとこなんやけどね〜(>д<;
とりあえず、『SLAM DUNK』とはまったく違う井上ワールドを皆さん是非味わいたまえ!!!!!
CHROME: マンガ | - | - |

これもヤフーに書かれたことやけど…
以前、ヤフーに書かれたことやけど…


ヤングサンデー休刊か!?


毎週買っている自分としては…Σ(゚ロ゚ノ)ノ←こんな感じになったで(笑)

結構おもろい雑誌やと思うねんけど、ちょっとビミョーなんかな?
有名どころはドラマにもなった、『クロサギ』とか『Dr.コトー診療所』とかあんねんけどな〜
やはりドラマになるよりはアニメになった方が強いんやろうな↓↓↓
そう考えると全部渋すぎて、アニメになりそうなニオイするものないやん…_| ̄|○


ちなみに次ドラマになりそうな感じのやつはあるねんけどね…


その名も『逃亡弁護士 成田誠』…|壁|д゚)チラッ
まだ連載53話やから、なるとしてももうちょっと先やね〜
内容はその名の通り自分の殺人の濡れ衣を、警察から逃げながら解決しようとしている弁護士のお話…
シブいやろ(笑)

でもヤングサンデーの中では、個人的には石渡治の『Odds(オッズ)』を押す♪
この人のマンガ結構好きやねん↑スポコンやし(笑)
作品の中でも『B・B (Burning Blood)』は異色ボクシングマンガで、学生時代結構はまったし(^^;

まぁ…ちょっと脱線したけど、頑張れヤングサンデー&小学館!!
CHROME: マンガ | - | - |

ヤフーに先越された…
本日、『書いたるで〜』って思ってたことが、今見たらヤフーの記事になっとるやんけ!?Σ( ̄ロ ̄;)

何かと言うと…




岩鬼がついに夏子さんと結婚!!!!!




ドカベンの話やけどね(笑)
今週の週刊少年チャンピオン25号で岩鬼の念願ようやく、ようやく叶うo(≧▽≦o)(o≧▽≦)oヤンヤ、ヤンヤ
いや〜マンガの話しながらちょっと嬉しかったやん♪

岩鬼は夏子さんを思い続けて、中学の頃からやから15年以上…
一時ストーカーのようになっていたけど(笑)
一途に思い続けるのはスゲーことやね(^^;

とりあえず、山田の妹幸子も里中と婚約したし、マンガの中やけどめでたいな〜と思う今日この頃…





ところで、自分のハニーはどこにいる?(笑)
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介3
先日購入したお勧めマンガの単行本紹介(人´∀`)



ドカベン スーパースターズ編 23巻(秋田書店)
週刊少年チャンピオン掲載
作者:水島新司

◇内容◇
主人公、山田太郎と個性的な仲間である岩鬼正美、里中智、殿馬一人、微笑三太郎などが架空のチームであるパリーグの東京スーパースターズで実在するプロ野球選手とともにシーズンを戦う野球マンガ。
山田世代がFA宣言を取得したことにより始まったスーパースターズ編。
かつての『ドカベン』や『大甲子園』で登場したキャラが敵味方に分かれ数々の名勝負を繰り広げていく。

◇自分の感想◇
一言で言うと水島新司オールスターマンガ。
過去に連載していた作品からもバンバンキャラが出てきます(笑)
現実では『そりゃないやろ〜』ってツッコミ入れたくなる記録とかもあるけど、『現実のプロ野球でもほんまにあったら感動するやろな〜』ってことを書いてはります。
そしてプロ野球編からリアルタイムで年を重ねている山田たち…
山田世代がプロになったきっかけは、現オリックスバファローズの清原が水島新司に『今、山田たちはどうしてるんですか?一緒にプロでやりたいです。』って言ったことが、前作品の『ドカベン プロ野球編』を書くきっかけになったみたい。
なのでドラフトでは前代未聞の10球団から1指名を受け山田は西武入りし、水島新司が最も好きなキャラである岩鬼は長年応援しているホークスへ入れた模様。

ちなみに阪神ファンの自分はドカベンのキャラで一番欲しい選手を考えると…
やっぱり山田やね♪
阪神の捕手たちは高齢やからね(笑)
まぁ…山田も5月5日で32歳になりましたけどね|壁|д゚)チラッ
けどあの勝負強さがあれば毎年阪神優勝できそうやね↑↑↑
阪神のユニホーム着てる山田見てみてーーー!!
水島新司がこのブログ見て阪神の山田を書いてくれんやろうか…
まぁ…無理やね(笑)
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介2
先日購入したお勧めマンガの単行本紹介(人´∀`)



STEEL BALL RUN 15巻(集英社)
(スティール・ボール・ラン)
ウルトラジャンプ掲載
作者:荒木飛呂彦

◇内容◇
主人公ジャイロ・ツェペリとジョニィ・ジョースターが乗馬による北米大陸横断レースを描いた作品。
9個の中継地点の通過順位による得点合計で優勝者を決める前代未聞のレース。優勝賞金は5千万ドル、参加者は3600名。
ジャイロは鉄球を操り、ジョニィはスタンドに目覚め爪弾を使い敵を退けていく。
一方、レース最中にジョニィは偶然、遺体の一部を左腕に取り込む。
その遺体は何の遺体なのか…遺体の正体を探る為に各部位捜索にも2人は挑む…
そして徐々にこのレースが何のために行われたのか全容があきらかになっていく…

1、2巻は1st.STAGE、3〜6巻は2nd.STAGE、6、7巻は3rd.STAGE、7〜10巻は4th.STAGE、10、11巻は5th.STAGE、11〜14巻は6th.STAGE。
15巻〜7th.STAGEに突入してますます物語りは加速していきます。

◇自分の感想◇
言わずと知れた、『ジョジョの奇妙な冒険』のPart7という位置づけの作品でもある。
今回から時代はまた過去に戻るが、今までの出てきたキャラ名が色々登場し面白くもある。
3部から始まったスタンドは健在。

『ジョジョの奇妙な冒険』は連載当初から熟読。
Part6までは週刊少年ジャンプに連載していたが、この作品からウルトラジャンプへ移籍。
個人的には非常に好きな作者であるが、自分の周りでは好き嫌いが分かれる。
でも『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでいても、読んでいなくても楽しめる作品であることは確か。
ちなみに自分は『ジョジョの奇妙な冒険』から全巻もっています。
ぜひ一度読んでみてください。








なんとか短く済んだな(;^-^A)
ちょっとあらすじ書こうとしたんやけど難しくて断念(笑)
しかもそれぞれの巻の巻頭にあらすじ書いてあるので必要なしやねん…

とりあえずこれからもこれくらいの短さで書けるように頑張るぜ(人´∀`)
CHROME: マンガ | - | - |

マンガ紹介1
阪神サヨナラ勝ち…新井やりおるな( ̄ー ̄)ニヤリ

今日は先日購入したお勧めマンガの単行本紹介(人´∀`)



MOONLIGHT MILE 16巻(小学館)
ビッグコミックスペリオール掲載
作者:太田垣康男

◇16巻までのあらすじ◇
主人公の猿渡吾郎ともう一人の主人公ジャック・F・ウッドブリッジ(通称ロストマン)の宇宙での活躍などを描いたマンガ。
重要なキャラとして、吾郎の弟分の澤村耕介、吾郎の彼女の池内理代子。

テーマは宇宙であり月…
吾郎とロストマンはエベレスト登頂の工程でザイルパートナーになる。
そしてエベレスト登頂成功とともに2人は宇宙へ昇ることを誓う。
吾郎はNASAへ、ロストマンは米軍へ進みそれぞれ別の道で宇宙への旅に出ることになる。
だが2人の道は徐々にすれ違う…

その後ロストマンは宇宙戦闘機部隊の隊長になり中国宇宙軍と対立などを経て、アメリカの重要人物として成長していくことに…
澤村耕介は吾郎のあとを追うようにロボット操作の分野で宇宙へとあがる。
そこでは身分を偽ったロストマンと一緒に仕事をすることに…
しかし過度のロボット操作により、脳にダメージを受け地上に帰還する。

一方の吾郎はNASAでムーンベース作製を手がけるが、テロリストの妨害にあう。
アメリカ軍の介入もあり妨害を何とか食い止めたものの、そこにはロストマンの姿が…
工作員の最後を看取る件でついにロストマンとの決定的な対立が生まれ、吾郎も地上に戻されることに…

そんな中、池内理代子は月へ旅立つ。
しばらくしてムーンベースへ到着した理代子の体に異変が起こる…なんと吾郎の子供を妊娠していることが発覚。
日本の未来の為、諦めることと生むことの狭間で一人揺れる理代子…
妊娠していることを隠そうとするが、ロストマンにはばれてしまう。
だが理代子はそのことを逆手にとり、生むことを条件にロストマンに吾郎の宇宙復帰を打診し、ロストマンは了解する。
しかしロストマンの部下は月で子供が誕生することは、アメリカ宇宙軍の不利になると判断し理代子の抹殺を目論む。
理代子は命の危機にさらされるが耕介や吾郎のかつての仲間に助けられ、理代子は人類初のムーンチャイルドの出産を決意。

吾郎はムーンチャイルドに会うため自分で出資し、過去の遺物であるH−僑船蹈吋奪箸悩討啖遒慘肯とうとする。
…がまたしてもテロリストの妨害にあう。
耕介と技術者のおかげでテロリストは排除され、無事完成したH−僑船蹈吋奪箸箸箸發妨穗困郎討啀宙へ旅立つ…

宇宙へあがった吾郎を待っていたのはロストマン…
吾郎はロストマンとともにアメリカの指揮のもと仕事をすることになるが、そこにはまたしても中国軍が…
月の覇権を巡って激しく対立するアメリカ宇宙軍と中国宇宙軍…
月の覇権は痛みわけとなり対立は終焉し、それとともに吾郎とロストマンも和解する。
そんな中人類初のムーンチャイルドが誕生し、猿渡歩と命名することを吾郎はロストマンに伝える…
しかしそこにはまたしても理代子と歩に魔の手が…

というような感じで16巻に突入。
16巻では驚きの展開が待ち受けてます…

◇自分の感想◇
近未来SF大作、現実離れしすぎることなく本当にあるかもしれんといった内容。
自分たちは知らないだけで、現在の宇宙でもこんなことが起こってるかも…と想像させてくれる作品。
画力、内容とも申し分なし!!でかなり緻密に描かれてます。
個人的には前作の『一生(かずお)』から注目していた作者。
出張先で単行本1,2巻が同時発売されているのを見て即買いした作品です。
他にもヤングガンガンにて『FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE』も掲載中。





……




ながっ!!Σ( ̄ロ ̄;)
せ、説明なっがっ!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ

これ読む人いるんやろうか…
結構スルーされそうな気が…





…あ!!
このサイト読んでる人そんなにいないやん(笑)

……



…って、うおぃ\(>。<)ビシッ!!






文才ないのでこの文章の製作数時間ナリ…(;´Д`)
まぁ…今まで読んできた長い?マンガ歴史の中でも5本の指には入るおもろい作品やと思うからええか…


…ほんまにええんか?
この調子でやったらマンガネタは、ほぼ休日利用してしか書けんな…
次の作品はもっと簡潔に書くとしよう(笑)
CHROME: マンガ | - | - |

趣味?というか生きがい?
最初の趣味の話題を何にしようか考えたが、とりあえずマンガで…(笑)

普通の人って1ヶ月でなんぼぐらいマンガや雑誌で使うんやろ?
俺は毎月図書カード1万円分買っとります(^^;
しかもたまに足りなくなる月あり(笑)
ちなみに…何読んでるかというと…


週刊少年ジャンプ、週刊ヤングマガジン、週刊ビッグコミックスピリッツ、イブニング(隔週)
なし
週刊少年マガジン、週刊少年サンデー
週刊ヤングサンデー、週刊少年チャンピオン、週刊ヤングジャンプ、週刊モーニング、ヤングアニマル(隔週)
ヤングガンガン(隔週)

月間ウルトラジャンプ、アフタヌーン

ってな感じ…



当然、通勤や移動の時は常にマンガよんどります(;^-^A)
用事ないときも合間見て読み読み…
でも読みきれなくてアフタヌーンは結構積み残しありです(笑)
昔は毎週発売が待ち動しかったのに、今は合併号でると喜びます…
積み残しを消化できるから( ̄▽ ̄)ニパ

う〜ん…やっぱりオタクですな(笑)
CHROME: マンガ | - | - |

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>